安全目標

7月度 安全衛生管理目標

工事部

  1. 墜落・転落災害の防止
    親綱の先行設置、フルハーネス型安全帯の適正使用、不安全行動の排除など基本作業を職長、社員が中心となり監督・指導にあたる事。
  2. 飛来・落下災害の防止
    足場組立・解体等の作業時は立入禁止措置を確実に行う事、又、吊り荷の直下に立入らない事。
  3. 重機・建設機械災害の防止
    関係者全員に当日の作業計画を説明し、作業方法・役割分担・作業区画・合図確認方法・誘導方法等の周知徹底を図る事。
  4. クレーン災害の防止
    吊り冶具の始業前点検実施、玉掛者・玉外し者の選任、クレーンOPとの合図確認及び地切り確認の徹底を図る事。
  5. 交通労働災害の防止
    社有車は会社にとっては走る看板です、車の清掃を習慣づけ、気持ちよく運転することで安全運転に結び付ける事。
  6. 健康管理の徹底
    新型コロナウイルス感染症予防、熱中症予防対策等、体調の維持管理に努める事。

土木部

  1. 墜落・転落災害の防止
    掘削開口部等、墜落の恐れがある箇所への立入禁止措置、作業前の点検及びリスクアセスメントを確実に行う事、又は実施の確認を行う事。
  2. 斜面崩壊災害の防止
    作業開始前、大雨の後及び中地震の後、浮石、亀裂の有無及び状態並びに含水(がんすい)、湧水(わきみず)の状態変化を点検する事、又は実施の確認を行う事。
  3. 重機・建設機械災害の防止
    関係者全員に当日の作業計画を説明し、作業方法・役割分担・作業区画・合図確認方法・誘導方法等の周知徹底を図る事、又は実施の確認を行う事。
  4. クレーン災害の防止
    吊り冶具の始業前点検実施、玉掛者・玉外し者の選任、クレーンOPとの合図確認及び地切り確認の徹底を図る事、又は実施の確認を行う事。
  5. 交通労働災害の防止
    社有車は会社にとっては走る看板です、車の清掃を習慣づけ、気持ちよく運転することで安全運転に結び付ける事。
  6. 健康管理の徹底
    新型コロナウイルス感染症予防、熱中症予防対策等、体調の維持管理に努める事。